オフィス家具を上手く利用してコストダウン

オフィス家具をレンタルしてコストダウン

オフィス家具のレンタル

オフィス家具のレンタルは、安心して使えます。 瑕疵担保責任(欠陥が製品にあったらすぐに交換してもらえる)や危険負担(商品が売主が責任を負わない事由で渡せなくなっても負担しなくてもよい)、保守修繕義務(違反がなければ、すぐに交換・修理)を負う必要がありません。

おすすめリンク

旅行先では海外WiFiが必要!

旅行先でもインターネットを使いたい!海外旅行なら海外WiFiは絶対にあった方が便利です。

レンタルするメリット・デメリット

新規で起業時に、まず必要なのはオフィスです。
しかし、家具を用意するとなると、新品あるいは中古でもそろえるにはかなりの費用がかかります。
デスクやチェアー以外にも来客用・会議用のテーブルやチェアー、ホワイトボード、ロッカー、本棚などさまざまなものが必要となります。
家具自体は高くなくても、全てを揃えるとなると費用が嵩みますよね。
オフィス家具を準備するには、新規での購入・中古での購入以外にもリースやレンタルという方法があります。
レンタルならば、初期費用として費用を抑えて用意することが出来ます。
事務机からパソコンや仕切りまで、オフィスの家具は全てレンタルできます。
最近では、レンタルでオフィス家具を利用する企業も増えてきました。
コストを削減したいなら、中古のオフィス家具、おしゃれなオフィスにこだわりたいならブランドのオフィス家具と種類も豊富になりました。
また、使用目的によってオフィス家具は違ってきます。
セミナーや入社式などのイベントでは大量なパイプ椅子、接待では高級なソファがすぐにレンタルで用意してもらえます。
短期間のプロジェクト、モデルルーム、建築現場での事務所作成、社員数の増減が多い事務所は購入よりもレンタルで調達をしたほうが便利です。
特別な用途や一時期のみの使用で購入してしまうと不要な時期は保管場所にも困ってしまいます。
レンタルする場合のメリットとデメリットをよく理解して上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

購入とリースとレンタルを比較

オフィス開設で、オフィス家具はできるだけコストを抑えたい部分ですよね。 そうなるとオフィス家具を購入とリースとレンタルとどれにするかで迷ってしまいます。 それぞれのメリットとデメリットを理解して長期利用、短期利用など使用期間によって上手に使い分けてみてはいかがでしょうか?

新規事業・短期利用におすすめです

数日~1ヶ月程度の短い利用にも対応しています。 展示会やイベントでは、大きな会場にたくさんの椅子や机やプロジェクター、コピー機、パーティションなど が必要となります。 一時的なプロジェクトや選挙や建設現場やモデルルームなど必要な期間だけレンタルできます。