新規事業・短期利用におすすめです

経費計上にして事務コストを軽減

オフィス家具の購入額を減価償却をして何年かに分割して毎年経費計上すると経費による赤字を避け法人税の節税効果も得ることができます。
オフィス家具はそれぞれ耐用年数が異なるのでそれぞれ計算しなければなりません。
アイテム数が多いと、大変手間がかかってしまいます。
中小企業を対象に少額減価償却資産の特例に該当すれば、30万円未満であれば、一括して経費計上することができます。
通常の固定資産として耐用年数で減価償却していくかは、会社の判断で決めることができます。
利益の多く出て、その年の税金を少なくしたいと考えるならば、少額減価償却資産の特例を適用して一括で経費計上し、逆に、利益が少ない年で、利益を減らしたくないなら、固定資産として計上し減価償却として計上することもできます。
リースの場合はリース期間が1年以内か総額300万円以下の場合、レンタルの場合は、経費として処理することができます。

レンタルの相場

一般のオフィスで個人事業を営む場合、コピー複合機・机・椅子・パソコン・電話機器などは必ず必要となります。
購入する場合、コピー複合機150万円、パソコンで16万円、机で7~8万円、椅子で2万円、電話機20万円ほどかかります。
パソコン・机・椅子・電話機は人数分必要ですので、5人分として合計で300万円かかります。
その他にも書棚・ロッカー、ホワイドボードやシュレッダー、来客用のソファー、会議室用の机や椅子も必要となりますよね。
では、レンタル料金は、どれ位かかるのでしょうか。
目安として1ケ月で10%位で借りれるようです。
サブスクリプションサービスやセットならよりお得になるようです。
また、6ケ月以降になると10%以下でさらにお得になります。
2年以上の場合には、リースを検討した方がいいかもしれません。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ